2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています



−夏の空は高いけれど、高らかに届け。






家からちょっと離れた理髪店に、レオンという名の柴犬がいた。



僕はレオンが大好きだった。






もともと犬は好きだ。



でも、近所のテッちゃんやサクラちゃんより、レオンが一等好きだった。






レオンがレオンという名だったということを知ったのは、レオンがいなくなってから何年かしてからだ。



たぶん、中学に入学するくらいの歳だったように思う。






僕はレオンのことを、ずっとジョー君と呼んでいた。



夏休みのラジオ体操の後やプールの帰りに、レオンの横に座っては「ジョー君、ジョー君」と話しかけるのが好きだった。






なぜジョー君だったのかは覚えていない。



たぶん、何かの折に「ジョーー」って吠えたんだろう (もしくは、そう聞こえた)。



子供の名づけなんて、そんなのが理由であることが多い。






レオンの主人曰く、



レオンは、正しくは「León」であり、スペイン語でライオンという意味なのだそうだ。



しかしながら、夏は秋になるように、



犬は犬になり、



猫は猫になり、



僕は小学校1年生から2年生になり、



まったく正しく、レオンはやっぱり柴犬になった。






当然、レオンには雄ライオンのように立派な鬣(タテガミ)があるわけでなく、



鼻の頭に白い染みがあり、嬉しいと控えめに尻尾を振り、ちょっと眠たそうな目をし、ずんぐりとした、いわゆる普通の柴犬だった。



レオンのご主人は、何を思ってライオンと名づけたのかはわからないが、とにかくレオンはLeónでありジョー君であり柴犬だった。






レオンは、ライオンみたいにゴロゴロしているわけでなく、狩りをするわけでもなく、理髪店の前でジッと座っていた。



(大体、僕がレオンに会いに行く時間は決まっていて、レオンは同じ場所に同じように座っていることが多かった。)



レオンの関心事は、だいたい次の6つだったように思う。






ひとつ、ご飯の時間はまだかな。



ひとつ、散歩の時間はまだかな。



ひとつ、あの音 (5時のチャイム) はなんだろう。



ひとつ、となりの犬 (キャンキャンとよく鳴いていた、名前は知らない。) はうるさいな。



ひとつ、この人は頭を撫でてくれる。



そして最後に、この人は髪の毛切るのかな?






不思議なことにレオンは、まだお客さんの姿が見えていないにも関わらず、その気配を敏感に察知して、控えめに尻尾を振ってお出迎えに出ていた。



僕は、そんなレオンの後姿を見るのが大好きだった。






この前、久しぶりにその理髪店の前を通った。



レオンがいなくなって久しくなる。



レオンのご主人は、おじさんからおじいさんになっていたけど、元気に髪の毛を切っていた。






何気なく理髪店の入り口に目を向けたら、ライオンの縫いぐるみが置いてあった。



その日は、とても暑い日だったけれど、僕はそこに座っていたいと思った。



とてもレオンに会いたくなって、そして頑張ろうと思った。




僕はレオンが大好きだ。


スポンサーサイト


comment









trackback